December 28, 2008

EclipseでSilverlightの開発をするeclipse4SLを使ってみる


eclipse tools for Silverlight http://www.eclipse4sl.org/ では eclipse4SL というツールを配布している。
その名の通りeclipseでSilverlightを開発するもの。つまりフリーでSilverlightの開発ができる!
Microsoftも関わっているらしい。ファイナルリリースは2009年の春(Microsoftは年末とも)としているが、先日Milestone 2(β版?)が配布され始めた。

とりあえず使ってみる。上の画像はhello worldをつくろうとしてみたところ。chironを使って動かしている模様。コントロールの配置はVisual Studioよりいいかも。IronPythonも使えたらいいなぁ。まだドキュメント読んでないからよくわからんが。Visual Studioで開発したことある人は難なく使える感じ。エラーもまだちゃんと吐き出されない?

以下、インストールガイドhttp://www.eclipse4sl.org/download/の翻訳。
元のページの画像をみながらの方がわかりやすい。

Macにも対応してくれれば、いいなあ。

1. Eclispseの設定

1.1 準備

以下の製品がインストールされているか確認する、さもなければ以下の順番でインストールする。
  • Windows XP SP2 (or above) or Windows Vista SP1 (将来的には他のOSもサポート予定)
  • JDK 1.5.0_11 (or above)
  • Eclipse Ganymede : 次のディストリビューションのいずれか
    • Eclipse Basic 3.4.1
    • Eclipse IDE for Java Developers
    • Eclipse IDE for Java EE Developers (Recommended)
  • .Net Framework 3.5 (or above)
  • Silverlight 2 Runtime (2.0.31005.0 or above)
  • Silverlight 2 SDK
1.2 eclipse4SLのインストール

Eclipse Tools for SilverlightのインストールはEclise Update、オフラインインストールの2通りがある。

Eclipse Updateウィザードはオンラインなら利用可能。インターネットにつながっている必要がある。インストールはとても分かりやすく、Eclipseの環境に関する知識を必要としない。Eclipse Updateウィザードは必要なすべてのプラグインを見つけインストールしてくれる。

オフラインインスールはインターネットにつながっていなかったりファイアウォールのせいでEclipse Updateができないときに使える。ただし、インストール前に必要なすべてのプラグインをダウンロードしておく必要がある。

1.2.1 Eclipse Update Wizard

以下の手順に従ってEclipse IDEにeclipse4SLを設定する。

まずeclipse4SLをインストールするために、Eclipseを開き、Help->Software Updates...を選択。


Available Software タブを選択、Add Site... をクリック。


Locationに http://www.eclipse4sl.org/update/ と入力。OK。これはeclipse4SL Web update siteに対応している。エラーがおこる場合は、最後の「/(スラッシュ)」を忘れていないか確認、さもなければファイアウォールの問題。後者の場合はオフラインインストールを。


Eclipse Tools for Microsoft Silverlightを選択、Installをクリック。


次に出てくるダイアログでEclipse Tools for Microsoft Silverlightにチェックを入れ、Nextをクリック。
ライセンス規約をよく読み、同意できるならI accept...を選んでクリック。
再起動すれば終了。
インストールできたか確認するにはHelp->About Eclipse SDKから。ダイアログに新しいアイコンが現れているはず。

1.2.2. オフラインインストール

eclipse4SLは以下のプラグインに依存している。これらはEclipse Basic 3.4.1に元から入っているものではない。

EMF v2.4.1 Runtime Minimum executable code: emf-runtime-2.4.1.zip or equivalent
EMF XSD v2.4.1 Runtime Minimum executable code: xsd-runtime-2.4.1.zip or equivalent
Graphical Editing Framework (GEF): GEF-SDK-3.4.1.zip or equivalent
Web Standard Tools: wtp-wst-R-3.0.2.zip or equivalent

それゆえこれらが入ったEclipseディストリビューション、Eclipse IDE for Java EE Developersをおすすめする。

そして以下のeclipse4SLディストリビューションの一つをダウンロードする:
  • eclipse4sl-runtime-1.0.0.M2.zip.
  • eclipse4sl-SDK-1.0.0.M2.zip
これを解凍してEclipseをインストールしたフォルダにコピーする。Eclipse直下フォルダではなく、pluginsフォルダかfeaturesフォルダに各々に対応した場所にインストールしなければならない。