January 24, 2012

CotEditorで拡張子に関連付けられた実行ファイルを起動するスクリプトとか




CotEditor http://sourceforge.jp/projects/coteditor/ のためのスクリプトをまとめておきます.スクリプトを使うためには,メニューバーから Open Scripts Folder で ~/Library/Application Support/CotEditor/ScriptMenu/ を開いて,スクリプトファイルを置いて,Update Script Menu します.ファイル名を変えることでショートカットを変更することもできます.

今のところ
  • 関連付け実行
  • テンプレートロード
  • Finder 開く
  • Terminal 開く
  • 実体参照置換
  • C, C++, C#, Javaソース整形
のためのスクリプトがあります.


ダウンロード
https://github.com/satomacoto/CotEditor-ScriptMenu


  • Run.@r.applescript (command + r)
    • ファイルの拡張子に関連付けられたスクリプトを実行します.スクリプトは"Run.d"ディレクトリに置いておきます.スクリプトのファイル名は"拡張子.applescript"です.
      • foo.py ってファイルを編集してる時に実行するとターミナルで python foo.py と実行してくれるとか
      • bar.html ってファイルを編集しているときに実行すると Safari で開いてくれるとか 
    • 基本ターミナル経由
    • 自分がよく使うもの以外動作確認してない
    • 一応関連付けたスクリプトを確認してから使ったほうがいいかも
    • 拡張子一覧
      • applescript
      • c
      • cc
      • cp
      • cpp
      • cron
      • crontab
      • cxx
      • f
      • f90
      • go
      • html : Safari
      • java
      • mp
      • php
      • pl
      • py
      • rb
      • tex : UpTeX.app
      • texi
    • 参考
  • Hello.^@l.applescript (ctrl + command + l)
    • ファイルの拡張子に基づいてテンプレートをロードします.テンプレートは"Hello.d"ディレクトリに置いておきます.スクリプトのファイル名は"hello.拡張子"です.
    • Hello Worldって出力するテンプレ
    • 拡張子一覧
      • applescript
      • c
      • cpp
      • f
      • f90
      • go
      • html
      • java
      • php
      • pl
      • py
      • rb
      • tex
    • 参考
  • Open Finder.^@o.applescript (ctrl + command + o)
    • ファイルの場所でファインダーを開きます.
  • Open Terminal.^@t.applescript (ctrl + command + t)
    • ファイルの場所でターミナルを開きます.
  • Predefined entity reference.py
    • 選択範囲の実体参照を置換します.スクリプトファイルはターミナルで"chmod 755"で実行できるようにしておく必要があります.
  • Artistic Style.sh
    • 選択範囲のC, C++, C#, Javaのソースを整形します.スクリプトファイルはターミナルで"chmod 755"で実行できるようにしておく必要があります.Artistic Style http://astyle.sourceforge.net/ が(デフォルトでは/usr/local/binに)インストールされている必要があります.Artistic Styleはhomebrewでインストールしました.
      brew install astyle 

vim/emacs/coteditor/etc.で1/4くらいずつつかってるきがする.どれもおぼえらんない.