February 1, 2010

MacでIronPythonでSilverlightで時計をつくるサンプルのメモ

題名のとおり。
つくったものものはこちら

つづき→
MacでIronPythonでSilverlightで時計をつくるサンプルのメモ その2

準備

  1. MonoでMono 2.6 Frameworkをダウンロードしてインストールする。
  2. IronPythonで上のタブからDownloadsを選んでOther Available DownloadsのなかのIronPython-2.6-Bin.zipをダウンロードする。
  3. 解凍してどこかに置く。
  4. シェルの設定ファイル(~/.bashrcとか)にChiron.exeのエイリアスを定義する。置いた場所はフルパスで。たとえばドキュメント以下に解凍したら、


    alias Chiron="mono '/Users/(ユーザ名)/Documents/IronPython-2.6/Silverlight/bin/Chiron.exe'"
    とする。

開発

zipを解凍すると Silverlight/script/templates/python というフォルダにサンプルがあるのでそれを元にアプリをつくる。

  1. pythonフォルダをどこかにコピー。clockとか名前を付ける。
  2. とりあえず起動してみる。ターミナルでコピーしたフォルダに移動して

    Chiron /b
    とするとブラウザが起動する。


  3. index.html
    をクリックするとWelcome to Python and Silverlight!と表示される。はず。

MacでIronPythonでSilverlightで時計をつくるサンプルのメモ その2につづく。